Loading

BLOG

新製品「LOAK」シリーズ

634earsのフラッグシップモデルとして新しく「LOAK」というイヤホンを3種類とカスタムオーダーを展開いたします。

【コンセプトとテーマ】

今回のイヤホンは最初からフラッグシップ機を作るというテーマで開発しています。OBERからOBER-SS、そして8iTEシリーズ、MEIZやRAIVやJAIB、SARN IIを経てそれぞれで得られたものを注ぎ込んで1つの634earsのなかの最高のイヤホンを作ろうというコンセプトで開発したイヤホンです。

【筐体の開発と設計】

筐体はこのモデルのために新しく設計しています。形状的には8iTEに似ていますが寸法やドライバーの組み込み方などは大きく変更し、フロント筐体、リア筐体ともに新設計の筐体いたしました。
フロント筐体にはステンレスとチタニウムをモデルによって選択し、リア筐体は音の明確性としっかりとした輪郭や密度を得るためにステンレスを選択していますが、ステンレスのみだと強くキツい音になりやすいので木材を取り入れることでハッキリとした音色ながらも適度な聴きやすさになるようにしています。

またリア筐体の背面部分は開放(オープン)と密閉(クローズ)の2種類を用意し、音の強さや密度感、空間の広さなどを選べるようにしています。

【カスタムメイドオーダーについて】

フラッグシップモデルとして3つを用意しましたが、それとは別にオプションでフルカスタムオーダーを試験的にではありますが導入しました。
今までも完成後にチューニングであったり、多少の好みを伺ってチューニングしたりなどありましたが、今回は最初からカスタムチューニングとして選んでいただき、それを仮制作、その後お送りして音を確かめてもらったうえで最終的に完成するという流れです。

完全に完成するまえに一度音を確認して修正できるためかなり好みに近いものに仕上がるのではないかと思います。(※ただし日本国内に限る)

【各モデルの紹介】

各モデルの詳細はそれぞれの商品ページで解説いたしますので、このページで簡単な説明とさせていただいます。

《LOAK-S(CL)》

フロント:ステンレス
リア:ステンレス+木材(密閉タイプ)

筐体にステンレスを採用しシャープで明瞭度の高い音にするとともに、背面の木材を密閉タイプにすることで強くエネルギッシュな音に仕上げています。また木材の選択により音の密度感や響きを調整することが可能です。

《LOAK-S(OP)》

フロント:ステンレス
リア:ステンレス+木材(開放タイプ)

LOAK-S(CL)の背面オープン(OP)タイプです。開放することでリアのステンレス筐体からくる強さや濃さをスッと軽くしスッキリと広い空間を得ることができます。エネルギッシュな密閉タイプから聴きやすいバランスのいい音となります。

《LOAK-T(OP)》

フロント:チタニウム
リア:ステンレス+木材(開放タイプ)

フロント筐体にチタンを採用し聴きやすいナチュラルな音を再現しています。ステンレスより密度や硬度の低い気持ち良い音になりますが、リア筐体をステンレスにすることで音の輪郭は失われずソフトなのに繊細でありチタンのナチュラルな音と相まって透明感がある綺麗な音です。広い空間もありスピーカーやヘッドホンのような開放的な気持ちよさがあります。

《LOAK Custom-Made》

このモデル限定のオーダーメイドサービスです。
フロント筐体の素材、リアの開閉タイプ、音のチューニングなどを選択し、完成前に一度確認して修正することができます。

※本来はオプション料金をいただいておりますが、初めての導入のため最初の1ヵ月はオーダーメイド料金の+5000円は無料となります。


About 634ears(English)

LOAK-S(CL)

関連記事

  1. 4-634

    2020.03.25
  2. QUNE(※バージョン変更有)

    2020.08.25
  3. LOAK-T(OP)

    2021.10.01
  4. オプションケーブル(4.4mm、3.5mmL字)

    2021.08.09
  5. RAIV

    2021.03.28
  6. ROAK

    2020.03.25

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP