Loading

BLOG

新モデル「OBER」について

通常ラインナップである「〇-634」とは別に単体で新しいモデルを制作いたしました。「OBER」オーバーと呼んでください(正確にはわかりませんが) その「Ober」についての詳細です。商品ページに大まかなことは記載してあるのでそちらもご覧ください。
→ 商品ページ「OBER」

【新モデル「Ober」について】


《コンセプトと制作の経緯》

このモデルを作るにあたって1つのきっかけとなったのは昨年行われた「FUJIYA AVIC x FOSTER Alliance Program ヘッドフォン・イヤフォン自作コンテスト」です。私はこのコンテストに名前を伏せて参加しまして結果として2つのイヤホンで受賞することができたのですが、そのイヤホンの1つ「BORDER」で制作した真鍮の筐体、ドライバまわりの構造、技術などを別ドライバで再現しようと思ったのがこのモデルです。
コンテスト終了後に同じものを作れないという問い合わせをいくつもいただきましたが、もちろん作れないのでお断りしておりました。そもそも参加したのは日頃やっていることを1つのカタチとして残したかったこと、試してみたかったことなどがありますし(名前を伏せたのはそのためです)、ドライバはもちろん手に入りませんし、そもそもこのドライバはそういう用途ではありません。しかし、このイヤホンを別の高性能なドライバで制作したらどうなるのだろうか?というのは私自身も興味があるところでした。ちょうどとある金属振動板のドライバをテストしておりとても使いにくいながらも可能性を感じていまして、それがうまくBORDERの構造とマッチしており、なんとか試行錯誤を繰り返して完成したものが「Ober」です。

上記は自作コンテストで制作したイヤホン「BORDER」です。

《音の特徴》

音はとてもバランスがいいです。どの帯域が突出しているでもなくすべてがちょうどいい。迫力のある低域、上品な中高域という感じです。
音は繊細でありながらも厚みや芯がありカッチリと明瞭にしたというより滑らかさがあります。繊細さがあっても線が細くスッキリしているだけのものとはちがう少ししっとり?としたような上質さがあります。
ピークは程よく残しながらも基本は抑えてありますが、そうなると面白くない音になりがちなので適度な刺激であったり派手さもアクセントとして残してあるという感じです。
同時期に発売となる「12-634」はとても派手でメリハリのきいた明瞭さやインパクト重視の攻撃的な音であるのに対して、こちらの「Ober」はとても落ち着いていて上品で洗練された音です。特に低域の質感は個人的にかなり好みです。締まり過ぎた低域はあまりすきではなく、でもボヤつているのも好きじゃない。しっかりと輪郭がある低域で立ち上がりが早いながらも幅があり全体を包むような?柔らかさと弾力があります。

《形状や構造など》

形状はコンテスト作品である「BORDER」とほぼ同じです。木材は選べるのでそれで外観は変わりますが、背面に大きな穴があいていて、そこに真鍮のメッシュと内部に遮音材があります。
フロントは真鍮の削り出し筐体にメッキ処理を施してあります。筐体はそこそこ厚みがあり、ドライバを設置する部分だけ薄めに削ってもらいドライバをノズルのほうに深く置くことができるようになっています。また10mmドライバ径よりも大きなフロント筐体内部径に設計してあることで、ドライバを筐体側の周囲から押さえつけるように固定することができます。今回のドライバは10mmといっても実際はもう少し大きくて「BORDER」のときと同じ素材では厳しいので、振動を吸収するのに適したウレタン素材のものを採用しています。ドライバの前側と筐体内部の接触面にも同ウレタン素材をかませて固定してあります。

ドライバの前からノズルにかけては、音のスレやピークの軽減や聴きやすさを求めて金属のメッシュフィルターと付箋布のフィルターを両方使っています。
ドライバ背面には筐体の遮音材をフィルターとして使うだけでなく、ドライバに近い部分に付箋布のフィルターで取り込む空気量を調整してあります。これで帯域のバランスや音の遠近であったり音の細さなどもコントロールする1つの手段としています。

【フル真鍮筐体のモデル】

フロントだけでなく背面も真鍮で作ったフル真鍮のモデルも今回は用意しています。「Ober Gold」と勝手に名付けます。
外観はもちろん違いますが、とくに響き方と音の輪郭というかアタック感に違いがあります。どしっと腰の据わった感じだけど余韻が長くて木材のモノに比べて癖が強い。でもこれはこれですごく味のある音です。
真鍮にどんなイメージを持たれるかわかりませんが、よく楽器からのイメージで華やかな印象を持たれたりしますが、この「Ober Gold」に関しては、そこそこ筐体に厚みがあるのもあってか、中低域の低い響きがあって雰囲気があります。
「Ober」がもともとしっとりとした上品な中低域をしているのでこの雰囲気のある響きは相性もいいです。

形状は木材のモノより薄く削れるため小さいです。真鍮なので使っていくと次第に色褪せやクスミも出てきますが、金属磨きで拭きあげると輝きが戻ります、使っていくうちに木材とは違う味がでてくるかと思います。


個人的にとてもオススメできるイヤホンです。通常ラインナップの「〇-634」とは価格も違い少し高いですが、こちらも「下取り購入サービス」は利用できますので気になる方はこの機会にぜひお試しくださいませ。

新モデル「12-634」について

新型コロナウイルスの影響

関連記事

  1. 下取り購入サービスについて

    2020.03.26
  2. 3DDのMMCX化について

    2020.03.30
  3. 新型コロナウイルスの影響

    2020.03.28
  4. 新モデル「12-634」について

    2020.03.26

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP