Loading

BLOG

新モデル「QUNE」について

ROAK、SARNに続くシリーズの3つ目となる「QUNE」についての詳細です。
→商品ページ「QUNE」

ROAK,SARNに続き比較的低価格と小型化などを考慮した634earsではエントリーモデルに位置するイヤホンです。
筐体はROAKやSARNと同じですがメッキにピンクゴールドを施してあるものを採用しています。筐体の背面はローズウッドです。

《3つ目は個性を》

このエントリーモデルにあたるシリーズは音もある程度わかりやすいものを作ってきました。ROAKはダイナミック型での繊細さやバランスの良さ、SARNはキレやスピードや迫力といったもの、今回のQUNE(キューン)はすこし方向性が違うもので私個人の個性や好みをそういった音のわかりやすさに入れ込んでいます。万人受けしやすい音をROAKやSARNでは目指したつもりですが、そこに少し癖のある個性をのせた感じです。

金属振動板を採用したことによるOBERだったり、中低音をあまり削らずスッキリさせ過ぎないことによる4-634のような雰囲気だったり、音の抜けの良さや音色の明るさは12-634だったりを連想させるようなイヤホンに仕上げたつもりです。

《音について》

このQUNEの音はある程度昔からダイナミック型のイヤホンを聴いていた方には少し懐かしく感じる部分があるかもしれません。
634earsでいうところの4-634のような中低域が作り出す雰囲気や音、あまり1音1音を明瞭にして音を浮きだたせるのではなく全体を1つの音としてまとまりをもってだしてくるような聴かせ方、そういった音色が感じられます。

メーカーやモデル名はだせませんが、昔ダイナミック型といえばこれ!みたいなそういうイヤホンってあったと思うんです、いい意味でああいうダイナミックらしさのある音だと思います。
最近はダイナミック型でもとても繊細でスッキリとクリア、シャープな解像感のある音色が出るものが多いと思いますが、あのタイプの音色とは違う少し大味で幅のある太い音。そんなイメージです。

ただ、あまりそれも行き過ぎるとただの「古臭い」時代遅れのイヤホンになってしまいます。そこで金属振動板のドライバーを採用したのです。

OBERに採用したドライバーとは同じものではありませんが、金属振動板の良さをそのまま生かしつつ雰囲気や空気感をまとった音色でありながらもモヤモヤすることなくカッチリとした中高域を再現しています。ドライバフロントのポートから抜ける空気の量を調整して通常よりも音抜けをよくすることでそういった雰囲気重視の音にある音のモヤッとした部分も解消しつつ維持するというバランスをとっています。
唯一その点を重視したため音漏れに関してはROAKなどに比べると若干増えるかなという印象です。

キーワードとしては
・中低音の作る雰囲気や空気感
・音のまとまり
・明るい抜けのいい音
・艶感や適度な余韻
などでしょうか。

昔から634earsを御存じの方は5-634というモデルがあったのを御存じでしょうか。あの音のイメージは少し近いかもしれません。ただ、あの音だとやはり少し今は見劣りしてしまいます。そこを現代版にしたようなイメージに近いかもしれません。

ダイナミック型の良さというかそういうのをROAK、SARN、QUNEの3つでそれぞれ再現したという感じで作っているので、634earsのイヤホンってどんな音なんだろうという人はまずこの3つのどれかから試していただくと、その上位にあたる別のモデルなんかも音のイメージがつかみやすくなります。

《その他》

ROAK、SARN、QUNEを3つ購入された方(当社の下取りサービスに出してしまったなどでも可能です。購入していればOK)にはノベルティとして634earsのポーチ(現在用意中)をプレゼントしようと思います。



新モデル「OBER-S」について

情報発信について「YoutubeとInstagram」

関連記事

  1. 新モデル「OBER」について

    2020.03.26
  2. OBER GOLD 一部仕様変更

    2020.06.30
  3. 動画コンテンツの配信はじめました

    2020.05.08
  4. 動画コンテンツその⑧「簡易チューニング」についてのご案内

    2020.06.19
  5. 新モデル「12-634」について

    2020.03.26
  6. 動画コンテンツその③「イヤホンの紹介と解説1」

    2020.05.15

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP