Loading

BLOG

8iTE-Tから8iTE-TSへ

8iTE-Tが販売終了となりまして(規定数に達したため)、代わりに8iTE-TS(チタニウム&ステンレス)をフラッグシップ機としてラインナップに追加しております。

【チタニウム筐体】

チタニウムは響きが抑えられ癖がなくドライバ―でチューニングした音がなるべくそのまま出るような音でしたが、背面に使う木材によってはかなり音が軽くなったりもしてベストな音を出すことが難しいことも多かったというのが私の印象です。

【8iTE-TS】

8iTE-TSはフロントがチタニウム、リアがステンレスという組み合わせで見た目はフルステンレスのような感じになりますが、フロントにチタニウムを使うことで響き過ぎずもキツくなることがなくステンレスや真鍮とはまた違うニュートラルな音色であり、そこに背面のステンレス素材の影響で少しクールで密度のある音となりとても素晴らしいものがあります。

また、ドライバ―の配置もノズルに対してまっすぐになっており、高域のロスもなく気持ちいい音を出してくれます。

この癖のない自然な音はフラッグシップ機として申し分なく、8iTE-SやBと違って素材の響きを全面に出したものとはまた違う感じの音ではありますが音質面で絶対的な安心感のある組み合わせと音だと思います。

チタニウム筐体のため価格は高いですが、興味のあるかたは是非チェックしてみてください!

 → 8iTE-TS商品ページ

8iTE,OBERのケーブルについて

関連記事

  1. 完成品の彫刻(ROAK,SARNなど)

    2021.02.15
  2. 彫刻とロゴマーク

    2021.04.24
  3. 保護中: 大阪梅田試聴会詳細(予約確定の方の専用ページ)

    2020.11.10
  4. ケーブルを標準で付属(ROAK,SARN,QUNE)

    2021.04.24
  5. 彫刻についての詳細

    2020.11.10
  6. 3DDのMMCX化について

    2020.03.30

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP