ブログ

ROAKのスケジュールと注意点など

先日オーダーを初回のオーダーを開始した634ears「ROAK」ですが今回は初めてのオーダーの方も多くいらっしゃるので、そのオーダーからお渡しまでのスケジュールとイヤホンに関することについていくつか記述したいと思います。

主に

・お渡しまでのスケジュール
・イヤホンに関する注意点
・既存ユーザーさまへのご連絡

の3点です。

1、お渡しまでのスケジュール

現在、すでにオーダーがほぼ埋まりつつあります。まだ30個まであと数個ですが残りは予備として筐体を確保することにして現在のオーダー数のままそれが確定次第、筐体と部品類の手配をしたいと思います。なので予定より1週間ほどお渡しが早まるかもしれません。

→ オーダー確定が今週中にすべて確認できれば部品類の手配
→ 私の手元にそれが届くまで2週間ほど
→ 届き次第制作してオーダー順に順次発送

というスケジュールになります。今回の「ROAK」は部品さえそろえばすぐに完成させることができるのでお渡しが1か月を過ぎることはおそらくないと思います。

2、イヤホンに関すること

《印字・刻印など》

現在、ブランドロゴなどを印字か刻印をどうするか検討中です。今回のイヤホンは思いのほか木材部分が小さいのと背面がフラットのように見えて微妙に傾斜があります。印字をするとしたら目立たない場所(サイドや上部など)か背面の目立つ場所かということになります。

かなり細かな文字などになると思うので当初考えていた焼き印だとボヤけてしまいそうで、レーザー刻印か印字か、またはそれに近いものという感じになるかと思います。

個人的にはシンプルでブランドロゴが入っていないものが好きなのですが、もし可能な場合は刻印の有無の希望をお伺いしますので、その際はまたメールにてお知らせいたします。

《MMCXコネクタについて》

MMCXでの着脱モデルを選択の方に、一応標準的なMMCXは使用できますがMMCXの種類によっては使用できないものがあるかと思います。もしお手持ちのケーブルで使用できない場合は後からでもケーブルを発送できるのでその時はご連絡ください。
また、MMCXを筐体から凸するタイプと、凸の高さが低いタイプがあります。現在は凸の高さがあるほうを標準で採用していますが、高さの低いものがいいというリクエストをいただきましたので、もしかしたらどちらにするかの希望をおうかがいして好きなほうを選んでいただくことになるかもしれません。

3、リピーターのユーザーさまへ

リピーターのユーザーさまですでに89-634、8-634をお持ちの方で今回の「ROAK」をご注文された方は音質的にはかなり似た傾向にあるので(ベースはほぼ89-634で8と89もまた微妙な違いという方もいらっしゃるので)、受け取り後に使い勝手なども含めて使い分けができない場合などは、すでにある89-634や8-634のほうを再チューニングやモデルチェンジできますので、そちらをご利用ください。「ROAK」のほうはバラして今までのようにモデルチェンジや再チューニングがかなりやりにくくなってますので。

個人的にはノーマル89のほうが聴きやすさで好みではありますが、聴き比べるとROAKのほうがいろんな意味で今っぽいいですかね。あと音漏れがなくコンパクトなので使いやすいかもしれません。

icon20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る