商品一覧

  1. 11-634

    新ドライバを採用し繊細さを確保しつつレンジの広さやメリハリのあるサウンドを再現しています

  2. 10-634

    634ears初のダイナミックドライバ2機を搭載。デュアルドライバならではの高域から低域までエネルギッシュなサウンド。

  3. 9-634

    8-634、3-634の兄弟機種。同じドライバを採用し8と3の2つの中間的なチューニング。ピークを抑えて高域まで自然に鳴らし、音色の暖かさとナチュラルさも取り入れたサウンドに仕上げました。

  4. 3-634

    8-634の兄弟機でありながら、逆方向へ再チューニングし暖かくナチュラルなサウンドを再現。アコースティックな音源と相性がよくとても優しく落ち着く音色を奏でます。旧作品はもちろん8-634からの再チューニングも可能です。

  5. 1-634

    旧PEKO-634の後継機。派手で刺激的なサウンド。兄弟機の2-634より低域などは控えめだがパンチ力とキレのある荒々しい機種。 旧シリーズPEKO-634からのアップグレードも可能。

  6. 2-634

    旧PEKO-634の後継機。音の線が太く、全域で力強く濃い独特の癖あるサウンド。兄弟機である1-634のような鮮やかさや派手さはないがディープでドス黒いファンキーでレトロな音色はハマれば癖になる。旧シリーズPEKO-634からのアップグレードも可能。

  7. 8-634

    新ドライバ採用、ケーブル下出しと耳かけの両方の装着が可能。

  8. 7-634

    新ドライバ採用のモデル「7-634」 

  9. 4OP-RP

    初の背面オープンタイプ。木材はリオグランデパリサンダー(黄金檀)のレア材。 

  10. 4S(G)-634

    634earsの中で私の1番のお気に入り。厚みのある中低域が作り出す雰囲気ある空間を演出。ラインナップのなかで最も634earsらしさのあるイヤホン。

  11. 5S-634

    新シリーズ第1機目。新しい6つのラインナップの基準となるイヤホン。 癖の多い634earsのイヤホンの中では比較的スタンダードな音色。 アルミ筐体と6種の木材(チョイス可能)で見た目もシンプルなイヤホンです。

  12. 6S(G)-634

    旧シリーズから継続しているアタッカー 6-634 をアルミと真鍮の2種のフロント部分+6種の木材からチョイス。ダイナミック型らしい迫力のある低音が特徴のドンシャリサウンド。

  13. PEKO-634(ペコペコシリーズ)

    ペコペコするイヤホンなんてダメだろ故障だろ…私も最初はそう思っていた。しかし音を聴けば「濃く」「太く」「力強く」「独特の癖が強い」なんとも魅力あるダイナミックらしいパワフルなサウンド。一緒にペコペコさせて「ペコラー」になろうぜ

  14. 4-634 GOLD

    4-634がマニアの声を受けパワーアップして復活!重心をしっかりと下に構えた地味…いや雰囲気ある音にスパイスひと振り。クリア・高解像度・タイト…こんな流行の音は無視したレトロな音こそ私の求めるダイナミックドライバの音。君なら違いがわかるだろ?

  15. 634(Rokxashi)

    634earsを代表する3種のイヤホン「634 Rokxashi(ロックサーシ)」完全に自分(m34)の好みで作った「楽しさお裾分け」イヤホン。Rokxashiが好きな人は Dynamic Lover に違いない…(たぶん) D型イヤホン好きカモォン

ページ上部へ戻る